SteamDeck の充電器を最適化!代理の候補一覧

SteamDeck

はじめに

皆さん、SteamDeck 楽しんでますか?携帯性も高いので持ち運びにも適していますが、個人的に付属してくる充電器に不便さを感じています。
今回、代理の充電器を探したく、色々と調べてみたので紹介します。

SteamDeck 充電器のデメリット

SteamDeck 購入時に充電器も付属しますが、以下のデメリットがあります。

  • アダプタとケーブルが分離できない。
  • プラグが折り畳めない。
  • 全体的に大きいため、持ち運ぶには不便。
  • 無駄にケーブルが長いため、適宜結束バンドなどでまとめる必要がある。
  • 1つしか付属しないので、2つ以上使いたい場合や故障時に困る。

個人的には、作業場用と寝室用で2つ使いたいので代理の充電器を探すに至っています。

SteamDeck 技術仕様

公式の技術仕様によると、SteamDeckの電源入力はについて以下の記載があります。

  • 45W
  • USB Type-C
  • PD3.0(PowerDelivery)

つまり、代理を探す際はこれらの条件を満たす必要があります。よくあるノートパソコンと同じ規格ですね。

代わりの充電器候補

いずれも USB-C 経由で充電されるため、スマホやタブレット、ノートPCなどにも利用可能です。

プラグ

高性能で、ポートが2つ。Anker PowerPort Atom III (Two Ports)

機能性を求めるなら、これが一番。45W 出力の USB Type-C に加えて、15W 出力の Type-A も付属。1つのコンセントで SteamDeck とスマホを充電したい場合は、これが一番の最適解になるでしょう。ただし、PCの充電も視野に入れる場合は MacBook Pro には対応していないので、その点にはご注意。

ノートパソコンの充電にも対応!Anker 725 Charger (65W)

MacBook Pro など、ノートパソコンの充電も意識するのであれば、こちら。65W出力なので、大抵のノートパソコンに対応しています。

シンプルで小型な折りたたみ式プラグ。Anker Nano II 45W

シンプルに正規の充電器の代わりを求める場合はこちら。小型でシンプル、何より安い!

ケーブル

適したプラグを購入しても、対応したケーブルも準備しないと意味がありません。こちらもお忘れなく。

文句のつけようがない高性能!Anker Anker 765 高耐久ナイロン USB-C&USB-C ケーブル

ノートPCの充電も含めて視野に入れる場合はこちら。最大140Wに対応しており、充電のみならずデータ転送にも対応。ノートPCも含めて様々なデバイスが急速充電可能です。耐久性も申し分ないため、お金に糸目をつけないならこれ一択!

シンプルなケーブルが本数欲しい場合はこちら。Anker 高耐久ナイロン USB-C&USB-C 2.0 ケーブル 2本セット

そこまでの高性能を求めていない場合はこちらがオススメ。値段も申し分なく、なんと2本セット!耐久性も問題ないため、高コスパを追求するならこちら。

モバイルバッテリー

SteamDeck の携帯性を最大限に活かすならば、対応のモバイルバッテリーも準備したいところ。これで、高スペックゲームであっても場所を問わず長時間楽しむことができます!それこそ、トイレでの長時間プレイも現実的にw

とにかく高性能でハイパワー!3台同時に充電可能。Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)

最大出力140W、バッテリー容量24000mAh。16インチのMacBook Pro, iPhone, AirPods の3台を同時に急速充電可能なバケモノスペック!ただし、500ml ペットボトルより若干小さい程度のサイズ感と、バッテリーとしてのモバイル性は若干劣るかも?あと、結構高いですw

こちらも大容量。Anker PowerCore III Elite 25600

最大出力が87Wと少し劣るものの、SteamDeckの充電には問題なし。サイズ感は長財布くらいで、バッテリー容量も25600mAhと、実はこっちの方が大きい。

シンプルに小型にもだわるなら。Anker PowerCore Slim 10000

小型性にこだわるなら、こちら一択。予算も控えめ。ただし、バッテリー容量は10000mAhと、SteamDeckの充電を意識すると若干心許ないか。

 

おわりに

いかがでしたか?見事にAnkerづくしでしたねw
ちなみに、仮に充電器の電力が不足している場合は上記画像の様な画面が表示されます。バッテリーの消耗量は抑えられるものの減少自体はしている状態のため、この場合は充電機器の出力を見直してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました